結婚相談所 成婚率 低い

結婚相談所の成婚率は低いのか?

結婚相談所は、本気で結婚を考える男女が訪れる場所です。
全国には、約4,000以上もの結婚相談所が存在しています。

 

結婚相談所を訪れる人の理由はさまざまですが、
多くは『出会いがないが結婚はしたい!』というものではないでしょうか。

 

特に女性の場合は、30代半ば頃になると回りの友人が結婚や出産などの
『おめでたい話題』が増えてくる頃だと思います。

 

まわりのそのような話を聞くたびに焦りを感じる人もいますよね。

 

結婚相談所の成約率が低い理由

男性も女性も『結婚したい人』が集まる結婚相談所なのだから、
成婚率も高いのでは?と思うかもしれませんね。

 

しかし、実際の成婚率はわずか10%ほどでしかありません。
結婚相談所に通っている人のうち、10人に1人しか結婚できていないのです。

 

それはなぜなのでしょうか。

 

結婚相談所は、結婚を本気で考える人が訪れるところです。
しかし、結婚相手に求める条件が高すぎるのです。

 

たとえば、女性が男性に求めるのは
『収入・身長・顔がすべて平均以上』という人が多いです。

 

そんなに高望みしているという自覚がない人が多いのですが、
結婚相談所を訪れる人で『すべてが平均以上』なんて人はほとんどいません。

 

一方男性が女性に求めるのは
『若くてかわいい(きれい、美人な)人』です。

 

結婚相談所の会員は、ほとんどが30代半ば〜それ以降の年代です。

 

最近では『婚活』という言葉が広く浸透してきたこともあり、
20代の女性も婚活に積極的になってきました。

 

とは言うものの、まだまだ結婚相談所に登録する20代の女性は少ないです。

 

お互いの『条件が一致しない』ため、なかなか結婚まで発展しない、というわけです。

 

また、『成婚率』は正確な数字を出すのがとても難しいです。
会員が退会したのが、成婚によるものとは限らないからです。

 

  • 自分には合わないと思ったから退会した
  • 会員と交際中なので、これ以上結婚相談所には用がないため退会した
  • 結婚が決まったため退会した

 

など、退会の理由は様々です。

 

交際中に退会した人がそのあと結婚したのかどうかを
確実に把握することは出来ません。

 

結婚相談所の成婚率が低いのは、
『相手へ求める条件』が高すぎることがほとんどです。

 

自分の成婚率を上げるためには、『これだけは譲れない!』というポイントだけを求め
広く視野を持って相手を探してみることをおすすめしますよ。

 

次は結婚相談所の成約率比較ランキングをご紹介します。